Header image    
Apollonia Paper Model Museum    
 
 

image 2

image 2

image 2
image 2

image 2
image 2

 
image 2
image 2
image 2
image 2
image 2
image 2

 

 

やはりマーキュリー計画は外せない…

洗練された感触のあるアポロ計画に較べて、初期のマーキュリー計画にはどこか手探りな、洗練味には遠い感触がありますが… どっこい! そうでもないですね。アンガイとカッコいい。何よりもチャレンジする精神に満ちてます。それがカタチに凝縮されています。
スタート・ポイントがなくちゃマラソンも100m競争も成立しないワケです。マーキュリー計画はそのスタートとなる大きなポイントでした。これはやはり… 模型で再検証せずばなりますまい。

image 2

アポロ計画を模型で学ぶ

より遠くへ… 人類が成しえた最大にして最高の成果であろうに、なぜか経済という名の制約の元にアポロ以来、人類は月を歩いていませんね。残念なことです。
そのアポロ計画を再検証しつつも当時を学ぶ… ということで販売をはじめたアポロのペーパーモデル達。
幸いかな海外の幾つかの科学博物館でも取り扱ってくれているようです。
知っているようで知らないコトだらけなアポロ。そこを模型で学習するというのもテーマの一つです。

image 2

輝ける60年代…

と、そんなタイトルをあたえた途端に、なんだか懐古趣味的なノスタル爺ィ〜な感じが前面に出てしまいますが… 科学を含む諸々が一挙に躍進した時代ではありました。
未来に期待がもてた時代と言ってもいいでしょう。
その時代のカタチを建物で見ようという試み。
鉄道模型のディオラマにもそのまま活用出来るNゲージスケールの模型達です。
マーキュリー計画からアポロ計画へと至る時代の、日本の形を模型化しています。JRのそれではなく、国鉄の朱色のディーゼル車両が似合う建物達です。

image 2

ボクらはヴェルヌの子供たち…

でしょうね、きっと。彼が描いた世界をいわばボクらは模倣しているに過ぎないと感じられますが… 彼が巻いた種は豊富でした。色々なところで色々なカタチでもって発芽しているようです。ブッちゃけていえばアポロ計画のダンドリすらもがヴェルヌが敷いた線路上のものみたいなもんです。
Apollonia Papee Modelはそんなヴェルヌに敬意を表し、彼の作品をモチーフに今後いくつかの製品を出そうと考えていますが、実現はなかなか難しい…。
ともあれ、そんなヴェルヌの子を自覚しつつなブログを公開しています。
今時の、ツイッターとかな短文でアレコレを記すような… マネはしません。長文あり。

image 2

きっと誰しもが…

経験したろうと思うのだけど、20代や30代の頃に模型を作ってると、ついつい夢中になって夜がふけ… 明日、会社に行くのがイヤだな〜、ぁああ、ホンマにイヤだ、休んじゃおか〜と… 後ろめたさと模型製作の継続の悦びとがハートの中で大いに揺らいでせめぎあったってコトが… あるでしょ?
ない?
それが40代やら50代になると、さすがになんだか諸々な責任をおぶってるからヤスヤスとは休めない身の上になっていて同時に… ちょっと模型離れするんですな。哀しいかな。
社会生活というのは不憫なもんです。
でも、そこをヒッソリ踏ん張りましょうよね。一度こっきりな人生ですからね、50代になっても、模型作りに昂悦して、キャ〜キャ〜と嬉しい悲鳴をあげたってイイんです。
スプレーも道具もさほどに必要としないのがペーパーモデルの利点です。会社の部下の不具合に苛立つよりは、1日、部屋にこもってペーパーと遊ぶのも、よろしいかと。

 

Foreign orders

The continued orders from abroad at the following site.
It is Japan's leading shopping site model either.
First, Hobby Link Japan.

image 2

ペーパーモデルというのは、この日本では… 今ひとつ人気がないんですね。(^_^;
でも米国やデンマークやドイツやおフランスでは、それなりな人気アイテムです。鉄道模型にはペーパー製のすごいのがあって、ホントに紙なの? と眼を疑うようなのがナンボでもあるからスゴイ。もちろん、それらはペチャンコな紙ではもうなくって、組み上げられ、パテを塗った上でヤスリがかけられているといったアンバイな琢磨なものではあるんだけね。
宇宙モノのペーパーモデルもかなりありますね。ネットを探してみるとかなりのキットが手に入ります。
でもね〜…、なんかチャンとしたのがない… (^_^;
どっかマチガッてたり、妙に省略されてたりで、納得するには遠いんですな〜。
そんなワケもあって、ちょっとでも納得出来るカタチをペーパーで構築出来ないかしらと… 考えている次第。

 


2016
 

 

 

 

image 1
子午線上にある天文台と科学館。2010年にリニューアルオープンしたこの明石市立天文科学館の展示模型をTVC-15は監修しています。
Go >

image 2
バンダイの大人の超合金。アポロ11号。TVC-15は第3段ロケット部分の製作監修に協力しています。
Go >

 image 1
岡山県は井原市にある天文台。規模は小さいながらもスペースガードとして小惑星落下を常時警戒中。館長が良い人なのですよ。ペーパーモデルを持ってます。
(^_^;
Go >
 
 

image 1
素晴らしい情報力を持ったサイトで、アポロを学ぶ時には必需! 熱意の維持が素晴らしく、こういうサイトに政府なり大学の関係機関なりはもっと敬意をはらってもイイと思います。ひとつの文化史ですよね、アポロというのは。
Go >